2017年02月07日

大芝島のモンサンミッシェルです


周囲6kmの瀬戸内海に浮かぶ大芝島には、Y51 by the seaからクルマで東に5分ほど走ったところに島の方々が古くから「小島」(こじま)と呼ばれている小さな島があります。満潮になると島への道が海中に隠れ、干潮になると道が浮かび出てきて島側から「小島」に歩いて渡れるというものです。ギャラリーのページに写真がありますよ。以前、この「小島」を見ていて「何かに似ている。そうだ!これはモンサンミッシェルだ!」と気付いたんです。

それ以来出会う人たちに「大芝島のモンサンミッシェル」と紹介していたところ、中国新聞さんから取材を受けて、この写真の通り、2015年10月11日の紙面の2/3ページ、カラーで掲載いただきました。「大芝島のモンサンミッシェル」はY51 by the seaが名付け親ですよ。画像をクリックすると拡大できますので読んで見てくださいね。

島のてっぺんには小さなちいさな祠があります。聞いたところによると昔から狸の神様をを祀っていらっしゃるそうです。島民の方々が昔からずっとお世話されているそうです。大芝島の新しい観光スポットです。

2017年02月07日 | Posted in 大芝島について | | No Comments » 

関連記事